滋賀県栗東市の動物病院です 夜7時半まで診療!


1
2018-07-03
京都フォーラムセミナー報告

こんにちは!

滋賀県栗東市(草津市・野洲市・守山市・湖南市・甲賀市周辺)のペットと家族の幸せな暮らしを応援するこにし動物クリニック 獣医師の関原です!

 

先日受講した京都フォーラムセミナーの報告です

 

今回のテーマは「胆嚢疾患の外科と麻酔管理」ということで、胆嚢について2時間学んできました!

そもそも胆嚢って何?という方もいると思いますので簡単に説明します

胆嚢は肝臓につながっている袋で、脂肪の消化を助ける胆汁を一時的に溜めています

腸に食べ物が入ってくると胆嚢が収縮し、胆管を通って胆汁が腸に分泌されます

 

実は、犬と猫では胆管の構造が異なっているってご存知でしたか?

犬では総胆管、主膵管、副膵管の3本が十二指腸に開口しているのに対して、猫は主膵管と総胆管が途中で合流し、一本になって十二指腸に開口しています


猫では図のように膵臓、肝臓、十二指腸の距離が近いので、一ヶ所で起きた炎症が他の二ヵ所にも広がることがあります

三ヶ所同時に炎症が起こるので三臓器炎(膵炎+肝炎+腸炎)といいます

つまり、膵炎の猫ちゃんは肝炎と腸炎にも注意が必要なのです!!

 

 

さて、座学の後は実習です

 

ということでセミナー後、胆汁の働きを確かめるべく蛋白質(焼肉)を食べに行きました!(*≧∀≦)

頭と体の両方で胆嚢を学んだ一日となりました!

=================

 

 

滋賀県栗東市の動物病院

こにし動物クリニック

HPhttp://konishi-animal-clinic.com/

 

こにし動物クリニックは栗東インターすぐ

滋賀県栗東市・守山市・野洲市・草津市をはじめとする

地域に愛される動物病院をめざしています

=================

 


コメント欄

お名前
コメント





【一覧に戻る】