滋賀県栗東市の動物病院です 夜8時まで診療!

歯の治療・予防にデンタルケア Dental Care

歯周病予防にデンタルケア

動物達のお口、気になりませんか?
わんちゃんの約80% 成猫の約85%は歯周病です。
人間と違い、動物たちの歯周病は口臭だけでなく、炎症を引き起こし、歯が折れたり、抜けたり、酷いときにはあごまで回った菌が骨を溶かし骨折させます。
そうならない様、しっかりとした歯の手入れが必要です。 歯周病について詳しくはこちらをご覧下さい。

何から始めればいいの?デンタルケア

まずは、私達専門家である獣医師に、動物さんのお口の状況を診せてください!
お口の相談、お口の事が気になるんですとお声がけ頂ければ、その場で視診します。
その子の年齢やごはん、お口の中の状態によって適切なアドバイスをさせて頂きます。 dental_icons

歯の処置~スケーリング・ポリッシング~

dental_machine
約80%以上の動物達は歯周病の可能性があるわけですから、まず歯周病の原因となる歯石を取り除かなければなりません。
ご家庭でヒズメなどを使用すると、歯が割れる原因となりますので、必ず動物病院で処置をしてあげてください。
歯石を除去するスケーリングには、麻酔が必要です。一本一本頑固な歯石を取り除いていきます。その間、動物達は口をずっと開ける事ができません。その為麻酔が必要です。

こにし動物クリニックでは、医療機器を充実させ処置時間を意識し、麻酔時間を短くしていくことで動物達の負担の軽減を考えています。
また無麻酔で歯石を除去しているところもあります。一見、歯石がなくなり綺麗になったように思います。しかし、歯の表面はボコボコ。このボコボコはさらに歯垢・歯石がつく原因となってしまいます。
また犬のエナメル質は人の60~70%と実は強度は人より弱いのです。

こにし動物クリニックでは歯の表面をツルツルにするポリッシングも実施し、歯垢・歯石の再付着も軽減します。
photo2 photo2

ご家庭でできるデンタルケア

photo2 ○スケーリングができない動物さんに使用できる歯石を軽減できるスプレー
○お口の臭いの軽減に役立つジェル
○おやつ感覚で歯垢をとるガム
・・・など、動物達のお口の状況や、飼主様のニーズに合わせたデンタルケアグッズを取り揃えています。

どんなデンタルケア製品がいいんだろう?お迷いでしたら当院のスタッフまでお気軽にお声かけください!

歯周病の怖い話

動物達の口臭、その口臭、原因は歯石かも。

食餌の食べかすは歯垢(プラーク)となります。人間は、付いた歯垢を食後の歯みがきでケアしています。
ところがどうでしょう。動物達に歯磨きをしていますか?動物達に歯みがきをするという意識がここ数年の間に高まったように思います。動物達の歯に残った歯垢は時間と共に石灰化します。
つまり柔らかい食べかすが石のように硬くなっていきます。これが歯石です。

歯石の上からまたプラークが付き、石灰化して歯石がどんどん付きます。
この歯石の約75%は細菌です。歯石が原因で歯周病になってしまう。
動物達が高い確立で歯周病になるのも納得です。

お口だけの問題ではない恐ろしい歯周病

歯周病というのは「歯の周囲の組織の病気」です。人間だと歯ぐきの炎症、歯石の細菌パワーで歯が溶けてしまう、そんなイメージだと思います。

しかし、動物の場合、歯が溶けて折れる・抜けることはもちろんですが、さらに歯からあごまで菌が回りあごの骨を溶かし、あごを骨折させてしまうこともあるんです。
特に猫ちゃんは、歯周病になりやすいので、口内炎に気をつけてあげてください。
ご飯の量が減ったのは、元気がないから・歳をとったからではなく、口内炎で口が痛くてご飯を食べにくいからかもしれません!

また、一番知って頂きたいのは「歯周病は歯の問題ではなく身体全体の問題である」ということです。
歯垢内の細菌はお口の中から全身に流れ、心臓病、腎臓病を引き起こすと言われています。


歯の健康は体の健康!動物達も歯が命なのです!

bnr_food
side_point_bnr
trim_bnr_side
trim_bnr_side