滋賀県栗東市の動物病院です 夜8時まで診療!

腹腔鏡手術について Laparoscopic surgery
fukukoukyou 当院では、腹腔鏡を導入しワンちゃんねこちゃんにとって負担の少ない手術を行っております。

腹腔鏡って?

従来の開腹手術のようにお腹を大きく切ることなく、皮膚を数カ所切開(10mmほどの穴)して器具やカメラを挿入し、テレビモニターでお腹の中を観察しながら行う手術です。拡大された鮮明な画像で手術を行うことができ、画像を保存することで手術後にご家族もご覧いただくことができます。
また傷がとても小さいため、手術自体の負担が少ないのはもちろん、術後の経過においても動物の身体への負担が少ないことが特長です。

腹腔鏡手術の一例画像(避妊手術)

切開した箇所は小さいです。
鮮明な画像を見て手術。
画像は術後も保存されます。
傷跡も小さく、負担が軽減されます。

腹腔鏡手術のメリット

fuku_m_1

通常の手術に比べて傷が小さいので痛みも少なく、傷をきにしたりすることが少なくなります。 痛みに弱い小型犬にとってはとても大きな利点です。術後の胃腸運動の低下が起こりにくいです。

fuku_m_2

体が大きく、従来の手術では傷が大きくなってしまう中型犬や大型犬にとってはとても大きな利点になります。また、傷が小さくて体温が下がりにくいのは小型犬にとっても利点となります。

fuku_m_3

回復手術の場合、内臓が空気に触れたり、直接グローブで臓器を触るのでその部分が癒着を起こすことがあります。 腹腔鏡手術の場合、このリスクが非常に少なくなります。

fuku_m_4

すなわち、動物にとって負担の少ない手術といえます。
さらにヒトの医療においては腹腔鏡手術は通常の開腹手術より免疫系に与える悪影響が少ないとも言われています。

開腹手術との比較

開腹手術 腹腔鏡手術
安全性 安全
肥満犬や大型犬で術後出血あり
安全
内視鏡下で止血の確認ができる
切開 5~10cm
傷を小さくできるが卵巣・子宮に負荷がかかる。止血の確認が困難
0.5cm以下の小さな傷が2,3カ所
脂肪の量によって卵巣や子宮を取りだすために1箇所の傷を1~2cmに拡大することもあり
大きい
卵巣を強く引っ張るため傷が大きいため
小さい
卵巣を強く引っ張らないため傷が小さいため
入院、術後看護 2日間程度
3日間程はあまり元気が無い
日帰りも可能
翌日には、普段通り元気に回復することが多い
傷の治り 約7日 約3日
動物への負担 大きい 小さい
手術費用 腹腔鏡下手術に比べて安価 開腹手術に比べて高価
手術機器が高額なため

どんな手術が腹腔鏡でできるの?

不妊・避妊手術
腹腔内潜在睾丸
膀胱結石
腸や肝臓の腹腔内臓器の生検
お腹の中の腫瘍や肝臓腎臓などにできた病気の原因を突き止めるためにはその組織の一部を切除して調べなければならないことが多々あります。(組織生検といいます。)
従来ではお腹を大きく開けての手術が必要でしたが、これには元々回復力の少ない病気の動物には負担が多すぎるというデメリットがあり、場合によっては治療に二の足を踏んでしまうことがありました。
しかし、腹腔鏡では小さな傷で動物に大きな負担をかけることなく検査が可能です。回復力、免疫力の落ちている動物には最適です。
bnr_food
side_point_bnr
trim_bnr_side
trim_bnr_side