歯ブラシの選び方

 

こんにちは。看護師の難波です。

今回はワンちゃん、猫ちゃんの歯ブラシの選び方についてお話しようと思います。

 

選び方の基本

 

◇ 歯ブラシの大きさ

細かいところまでしっかり磨くためには、ヘッドは小さめのものをオススメします。ブラシの大きさは、その子の前歯2.3本分がベスト!

 

もし、なかなか丁度いいサイズがみつからない場合は歯ブラシの毛束をピンセットで抜いてその子の歯のサイズに合わせましょう!

毛束を抜く場合は必ず下の毛束を抜くようにしてください。

上の毛束を抜いてしまうと、しっかり奥歯までブラシが届きません!

 

 

◇ 歯ブラシの柔らかさ

ブラシはできるだけ柔らかいものを選んであげてください。

硬すぎますと歯みがきを嫌がる原因になったり、硬いブラシで磨き続けることによって歯茎が下がってきたり、知覚過敏の原因になってしまうこともあります。

 

 

◇ 毛先にも種類があります

 

ブラシの毛先に注目してみてください!左の水色の歯ブラシが平切りタイプ、右の白い歯ブラシが極細毛タイプです。

 

平切りタイプは、健康な歯肉の子に使用します。極細毛に比べて刺激も少ないので歯ブラシデビューの子にもオススメです。

 

極細毛タイプは、既に歯周ポケットが深い子に使用します。ブラシが先細りになっているので歯周ポケットの中までしっかりブラシが届きます。

 

 

◇ 人間の歯ブラシでも代用可能?

代用可能です。ただ、人間の歯ブラシを使う場合は、乳児用で毛が柔らかいものでヘッドが少し反っているものですと使いやすいです。

 

 

歯ブラシの使い分け

 

当院ではいくつか歯ブラシをご用意しております!

 

 

◇ ベッツ ドクタースペック デンタルブラシ

 

こちらの歯ブラシはヘッドが小さく、小型犬さんや猫ちゃんでも奥歯までしっかり歯を磨くことが出来ます。

先ほどお話しました2種類の毛先(平切りタイプ・極細毛タイプ)がございますので、その子に合ったものを選んであげてください♪

 

大型犬さんでもこのサイズのヘッドですと小回りが利くので磨きやすいですよ~★

当院イチオシの歯ブラシです!

 

 

◇ デンタルトレーニングブラシ

 

こちらは歯ブラシデビューのその前に!使っていただくと、歯ブラシを受け入れてくれやすさがアップしますので初めての子にはこちらがオススメです。

 

ハンドル部分が柔らかいので握りやすく、人差し指をそわせながら磨けますので飼い主様自身も歯ブラシより扱いやすいかな、と思います!

ブラシの毛もかなり柔らかいです。

 

 

◇ シグワンベット

 

こちらの歯ブラシは360度ブラシがついているので口をめくってしっかり歯ブラシするのが中々難しい子にオススメです。

360度ブラシがついていますのでお口に入れると、必ず歯にブラシが当たります。

 

こちらの歯ブラシには少し注意点があります。

口に入れて大きく往復しながらブラッシングしてしまうと、ほっぺの内側が傷つく原因になりますので、使用される場合はなるべく小刻みに、またあまりほっぺの内側にはブラシが当たらないようにしてあげてください (*•ω•*)

 

 

◇ 歯ブラシが難しい子には

 

歯ブラシをなかなか受け入れてくれない子には、ガーゼタイプのものや指サックタイプのものもございます。

歯ブラシよりは受け入れてくれるこが多いので、歯ブラシが苦手な子はまずここから始めてみましょう♪♪

 

 

歯みがきのやり方、歯ブラシの使い方詳しくお伝えします!

 

当院では歯磨きの個人レッスンを行なっています!
歯磨きを始めたいけどやり方が分からない方、お家では嫌がってしまうのでコツを教えて欲しいなどなど、、

一緒に歯磨きがんばりませんか?

 

歯みがき個人レッスンのご案内はこちらhttps://www.konishi-animal-clinic.com/%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b1%e3%82%a2/%e6%ad%af%e3%81%bf%e3%81%8c%e3%81%8d%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85/



 

11